創心建設興業のトップページ 解体のことなら創心建設興業 仮設工事のことなら創心建設興業 アスベスト工事のことなら創心建設興業 レンタル事業部のことなら創心建設興業
解体工事
施工事例
一般戸建て住宅(W造)
【1】 残置物収集
【1】 残置物収集本日より木造2階建ての、解体工事に入ります。まずは引越し後の家財残置物等の搬出処分です。基本的には積み込みまで、すべて手作業で行います。このゴミは一般家庭ゴミではなく、産業廃棄物として分別・処分されます。
【2】 仮設足場組立
【2】 仮設足場組立現場の安全、周辺地域の環境を守る、仮設足場の設置作業です。足場材を使用し現場外周を囲い、養生防炎シートを張ります。この養生防炎シートを張る事により、近隣への粉塵飛散防止及び不審者の侵入予防などに役立っています。
【3】 内装材解体撤去
【3】 内装材解体撤去足場が架かれば解体作業の開始です。まずは再資源化の促進の為に、窓枠や建具等の取り外し内装石膏ボードの撤去、瓦剥し等を品目別に解体・集積を行います。少しでも手作業にて分別作業を行ない、産業廃棄物のリサイクル化に勤めます。
【4】 既存建物解体工事
【4】 既存建物解体工事さぁ、ようやく重機の登場です!低騒音・低振動作業を心がけ、手作業のように重機を柔軟に扱い、無駄に廃棄物が増えない様に慎重かつ的確に作業を行ないます。当然、十分な散水を行い、粉塵の飛散を抑制します。
【5】 発生材搬出
【5】 発生材搬出手作業〜重機作業へと、確実に分別集積されてきた廃材をトラックで搬出します。この時に、すべての搬出車両に対し1枚ずつ、産業廃棄物管理表 《建設系廃棄物マニフェスト》 を発行していきます。産業廃棄物管理表により、トラックは指定処分場のみで荷を下せます。
【6】 既存基礎解体工事
【6】 既存基礎解体工事建物が無くなったら今度は基礎コンクリート部分の解体です。土を直接に弄る為、振動が伝わり易いので最新の注意を払って作業を進めます。基礎廃材の時も、(5)同様に産業廃棄物管理表を発行します。
【7】 整地 ・ 清掃
【7】 整地 ・ 清掃すべての廃材の搬出が終わり、最後の仕上げの整地です。廃材が残ってないか確認し、地面を平坦に仕上げ自社最終点検清掃を行います。点検後、お客様と一緒に確認して頂き、工事完了証のお引渡しになります。
詳しいお問い合わせはこちらまで
倉庫・アパート(S造)
【1】 残置物収集
【1】 残置物収集本日よりS造○階建ての、解体工事に入ります。まずは引越し後の家財残置物等の搬出処分です。基本的には積み込みまで、すべて手作業で行います。このゴミは一般家庭ゴミではなく、産業廃棄物として分別・処分されます。
【2】 仮設足場組立
【2】 仮設足場組立現場の安全、周辺地域の環境を守る、仮設足場の設置作業です。枠組足場等を使用し建物外周を囲い、防音シート・防音パネルを張ります。この防音シート・防音パネルを張る事により、近隣への防音対策や粉塵飛散防止対策などに役立っています。又、現場外周を高さ1.8メートルの鋼板で囲うことにより、現場周辺の景観美化や不審者の悪戯による災害防止に役立っています。
【3】 内装材解体撤去
【3】 内装材解体撤去足場が架かれば解体作業の開始です。まずは再資源化の促進の為に、建具等の取り外しや間仕切壁の解体内装石膏ボードの撤去等を、品目別に解体・集積を行います。少しでも手作業にて分別作業を行ない、産業廃棄物のリサイクル化に勤めます。基本的には、内部の造作材はこの時点で完全に搬出してしまうので、建物内はがらんとしてます。
【4】 既存建物解体工事
【4】 既存建物解体工事大型重機の搬入です。今回の現場は敷地が広かった為に地面から直接建物を壊し始めました。鉄骨の梁や柱を、鉄骨カッターと呼ばれる道具を重機に付けて、ハサミで紙を切るように切断します。当然、重機が大きいので細心の注意を払い、低騒音・低振動作業を心がけ作業を進めます。
【5】 発生材搬出
【5】 発生材搬出手作業〜重機作業へと、確実に分別集積されてきた廃材をトラックで搬出します。この時に、すべての搬出車両に対し1枚ずつ、産業廃棄物管理表 《建設系廃棄物マニフェスト》 を発行していきます。産業廃棄物管理表により、トラックは指定処分場のみで荷を下せます。
【6】 既存基礎解体工事
【6】 既存基礎解体工事建物が無くなったら今度は基礎コンクリート部分の解体です。土を直接に弄る為、振動が伝わり易いので最新の注意を払って作業を進めます。基礎廃材の時も、(5)同様に産業廃棄物管理表を発行します。
【7】 整地 ・ 清掃
【7】 整地 ・ 清掃すべての廃材の搬出が終わり、最後の仕上げの整地です。廃材が残ってないか確認し、地面を平坦に仕上げ自社最終点検清掃を行います。点検後、お客様と一緒に確認して頂き、工事完了証のお引渡しになります。
詳しいお問い合わせはこちらまで
高層オフィスビル・高層マンション(SRC造)
【1】 残置物収集
【1】 残置物収集本日よりRC造○階建ての、解体工事に入ります。まずは引越し後の家財残置物等の搬出処分です。基本的には積み込みまで、すべて手作業で行います。このゴミは一般家庭ゴミではなく、産業廃棄物として分別・処分されます。
【2】 仮設足場組立
【2】 仮設足場組立現場の安全、周辺地域の環境を守る、仮設足場の設置作業です。枠組足場を使用し建物外周を囲い、防音シート・防音パネルを張ります。この防音シート・防音パネルを張る事により、近隣への防音対策や粉塵飛散防止対策などに役立っています。又、現場外周を高さ1.8メートルの鋼板で囲うことにより、現場周辺の景観美化や不審者の悪戯による災害防止に役立っています。
【3】 内装材解体撤去 建物補強作業
【3】 内装材解体撤去 建物補強作業足場が架かれば解体作業の開始です。まずは再資源化の促進の為に、建具等の取り外しや間仕切壁の解体内装石膏ボードの撤去等を、品目別に解体・集積を行います。少しでも手作業にて分別作業を行ない、産業廃棄物のリサイクル化に勤めます。基本的には、内部の造作材はこの時点で完全に搬出してしまうので、建物内はがらんとしてます。
続けて、今回の現場は重機を屋上に載せて作業しますので、建物の梁に、簡易的な柱(強力サポート)を設置して建物を補強します。
【4】 重機楊重作業
【4】 重機楊重作業楊重現場の華方作業の重機の吊上げです。150tクレーンを使用して、一気に屋上まで重さ約14tの重機を吊上げ上げます。ほとんどが夜間に作業する為、昼間見る事は余り無いと思われます。
【5】 既存建物解体工事
【5】 既存建物解体工事さて屋上からの楊重解体作業が始まりました、強力サポートが設置されているとはいえ、油断は大敵!安全第一です。破片が1つ跳ねても、重大事故に繋がりますので慎重に作業します。上階で壊した壁などは、小さくしてダメ穴と呼ばれる、階下層に続く穴に落とします。計画的に足元を壊しては、下の階に下りて行きます。
【6】 既存基礎解体工事
【6】 既存基礎解体工事建物が無くなったら今度は基礎コンクリート部分の解体です。特に楊重現場の様に敷地が狭い場合は、隣接建物が接近しているので、慎重に基礎・地中埋設物を撤去していきます。地下室などが有る時は、土が流れないよう土留を打っていきます。土を直接に弄る為、振動が伝わり易いので最新の注意を払って作業を進めます。基礎廃材の時も、(5)同様に産業廃棄物管理表を発行します。
【7】 整地
【7】 整地すべての廃材の搬出が終わり、最後の仕上げの整地です。廃材が残ってないか確認し、地面を平坦に仕上げ自社最終点検清掃を行います。点検後、お客様と一緒に確認して頂き、工事完了証のお引渡しになります。
詳しいお問い合わせはこちらまで
スタッフ代表ご挨拶 解体工事Q&A 解体工事Q&A
詳しいお問い合せはこちらまで
ページのトップへ
トップ | 解体事業部 | 仮設事業部 | アスベスト事業部 | レンタル事業部 | 会社理念 | 採用情報 | リンク | 個人情報保護方針 | サイトマップ | お問い合せ
Copyright © 2008 soushin.cop.All Rights Reserved.